据え置き型ゲーム機とインターネット

据え置き型ゲームといえば、以前はパッケージで販売されているゲームソフトを購入し、自宅のゲーム機で遊ぶ…というものでした。

インターネットの普及により、ゲーム攻略法などの情報はインターネット上に爆発的に増えましたが、その時期でもまだ、ゲームとインターネットは別々に存在していました。

20世紀終盤になると、インターネット通信機能付きの据え置き型ゲーム機が登場し、これがオンラインゲームの先駆けとなります。

現在では、ゲーム機の通信機能はパソコン並みに充実しており、ビッグネームのゲームソフトがオンライン化されて話題になっています。

また、ゲーム機側もインターネットとの融合を進める動きを加速しており、インターネットブラウザを搭載している機種や、ゲーム中の画面ショットを直接SNSにアップロードできる機能を提供している機種などが登場しています。

このような据え置き型ゲーム機をインターネット接続する方法は、有線LANまたは無線LAN(Wi-Fi)を使った接続が一般的です。接続の前提として、ご自宅にインターネット接続可能な環境が整っている必要があります。

有線LANの場合、LANケーブルの一方をゲーム機のLANポートに差し込み、もう一方をネットワーク機器(ルーターやHUBなど)に差し込みます。ネットワーク機器は、光回線やCATVインターネット回線などを通じてインターネットにつながっています。

ゲーム機が無線LAN(Wi-Fi)に対応していれば、無線LAN接続が可能です。自宅のインターネット回線に無線LANルータを取り付け、これとゲーム機をWi-Fi通信するように設定すれば、ケーブル無しで接続できます。

また、自宅にインターネット回線が無い場合でも、スマートフォンがあればその通信回線を利用してゲーム機をインターネットに接続することができます。その場合、スマートフォンはテザリング可能な機種であり、テザリングの契約を結んでいることが必要です。

しかし、テザリングでのネットワーク接続は、つながらないという事例も多々ありますので、できるだけ自宅のインターネット回線を利用することをおすすめ致します。

ネットワーク機器は、ゲーム機との相性の良し悪しが非常に顕著に出るため、ゲーム機との接続を動作保証している機器を選択してください。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。