CATVでインターネットに接続するメリット

CATV本来のメリット

ケーブルテレビの元々の目的は、テレビ電波の受信が困難な地域にも、情報を配信するというものです。

もちろん、このメリットは実現され、電波受信障害地域も快適なテレビ視聴が可能になっていますし、加入地域が決まっているという特性を生かして、地域広報、防災情報、イベント告知といったローカルな情報伝達にも活用の幅が広がっています。

また、各家庭ごとのアンテナ設置が不要になることにより、コスト削減にもつながっています。

CATVインターネット回線のメリット

通信が安定している

CATVインターネット回線は、通信の安定性においてADSLよりも優位であると言われる場合が多い方式です。

ADSLの最大のネックともいえる、通信距離による通信速度の低下は、CATVインターネット回線ではほぼありません。外部からのノイズの影響も受けにくく、安定したインターネット接続が可能です。

ハイスピード回線

CATVインターネット回線は、そもそもがテレビ番組配信を目的としているため、動画配信に耐えられる通信速度を備えており、特に下りの回線速度をハイスピードにしたサービスが提供されています。

料金が割高。しかし集合住宅の場合は基本料金が不要な場合も…

通常CATVインターネット回線を利用するには、CATVの基本契約が必要であり、料金はCATVの月額基本料金+インターネットの月額使用料が必要です。それらをインターネットのコストと捉えると、光回線やADSLと比べて割高であるといえます。

転居などにより、新たにCATVインターネット回線が利用できるようになった場合は、これまでのプロバイダ契約を解除しなければ二重にインターネットのコストが発生するので、更に割高になります。これまでのプロバイダ契約は、解除すると同時にメールアカウントも使えなくなるのが一般的ですので、安易に契約解除してしまうと困ったことになります。

重複契約を維持してメールアカウントを保持し続けるか、アドレス変更を確実に行なって完全にプロバイダを切り替えるのか、よく検討する必要があります。

このようにコストが割高になる要素のあるCATVインターネット回線ですが、集合住宅の場合は、CATVの基本料金を大家さんが負担してくれる場合があります。(負担しない場合もありますので、確認が必要です)

その場合、居住者はインターネット接続の料金だけを支払えば良いことになりますので、かなり割安に利用することができます。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。