VPNのメリットと専用線のメリット

VPNのメリットは低コスト

VPNにはいくつか種類がありますが、中でも「インターネットVPN」は安全なデータ通信を低コストで実現できる仕組みとして、最もポピュラーな方法です。

インターネットVPNでは、回線事業者が所持している公共のネットワーク網を利用して、企業の拠点間のデータ通信を行ないます。各拠点はVPNサーバを設置し、他の拠点とデータ通信を行なう場合は、必ずこのVPNサーバーを経由します。

VPNサーバーは、サーバー機に限らず、ゲートウェイやルーターがその役割を果たすことができます。主な役割として、外に出すデータは暗号化を施し、多の拠点から届いたデータは暗号を解読します。

このように公共のネットワーク網を利用していても、社内の拠点同士で暗号通信を行なっているので、でもデータの安全性を確保することができます。

専用線のメリットは速度と専用性

一般に、自社の拠点同士を結ぶ専用線を敷設する場合、VPNとは比較にならないコストが発生します。それでも専用線を選択するメリットとしてあげられるのは、安定した通信速度が得られることです。

公共のネットワーク網を利用する場合、他にも回線ユーザーがいますので、場合によっては混雑していてレスポンスの低下が発生するかもしれません。

日常的に膨大なデータ通信を行なう企業の場合、速度の低下によるタイムロスは大きな問題となります。日常的でなくても納期までに処理が終わらなければ、企業は損失を被ります。

このような速度低下のデメリットと、専用線のコストを比較して、前者が大きいと判断されれば専用線を選択することになります。

通信量の多い拠点には太い回線を敷き、小規模な拠点は細い回線にするなどの最適化を図ることもできます。

また、インターネットVPNでは、暗号化/暗号解読という余分な処理が必要ですが、専用線ではこれが不要になる分だけ、データ通信のボトルネックがなくなります。

また、公共のネットワーク網での膨大なデータ通信は、逆に他のユーザーに迷惑をかける可能性があります。企業モラルとしても専用線を選択することが望ましいといえるでしょう。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。