CATVでインターネット接続するのに必要なもの

ケーブルテレビインターネット接続サービスを利用する場合に必要なものをご紹介します。

ケーブルテレビの基本契約

テレビは視聴せず、ケーブルテレビのインターネット接続サービスだけを利用したいという場合でも、ケーブルテレビの基本契約は必要となるケースがほとんどです。

集合住宅の場合、基本契約は大家さんが結んでいる場合があり、この場合にはインターネット接続サービスの料金のみを支払えば良いことになります。

いずれもケーブルテレビ会社によって異なる可能性がありますので、契約内容をご確認ください。

インターネット接続サービスの利用料

ケーブルテレビの会社ごとに、下りの回線速度によっていくつかのプランが用意されており、回線速度が速いほうが料金が高くなります。プロバイダ料も含めた料金となっているのが一般的です。

ケーブル

個別住宅で初めてケーブルテレビに加入する場合、最寄の電柱からのケーブル引き込み工事と、家の中で配線する宅内工事、STB設置の3つがあります。

インターネット接続を行なう場合には、これとは別にインターネット用の配線が必要な場合があります。

引き込み線や宅内配線に既設のものがあれば利用できるかもしれませんし、新築の場合にはあらかじめ配線を想定した構造にすることもできますので、事前に相談すると良いでしょう。

STB

Set Top Boxの略称です。

ケーブルテレビを視聴したり、テレビ画面でインターネットを利用する際に必要となる機器です。

外から引き込んだケーブルを接続し、テレビ番組の受信や電話回線との接続などを行なう箱型の機器です。

ケーブルモデム

ケーブルテレビのインターネット接続サービスを利用するために必要な機器です。ケーブルテレビの会社からリースして利用することもできます。

ケーブルモデムに複数のパソコンを直接接続することはできませんので、複数の機器を接続したい場合には別途ルーターやHUBなどの機器を準備する必要があります。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。