モバイルゲーム機とインターネット

ゲームには興味が無いという大人の方でも、子供がいらっしゃれば是非知っておいてほしい情報です。

2009年に行なわれた調査では、「初めてインターネット接続したのは、ゲーム機だ」という子供が50パーセントを超えている…という結果が出ています。

ゲームだけではないゲーム機

最近の携帯ゲーム機には、インターネット接続できる機能が付いています。「Wi-Fi対応」と謳われているゲーム機がそれです。

ノートパソコンのWi-Fi機能と同様に、携帯ゲーム機もWi-Fi中継機を経由してインターネットに接続することができます。子供をターゲットにしたゲーム機ですので、Wi-Fi接続も非常に簡単にできるように作られています。

Wi-Fiは通信範囲が狭いので、Wi-Fi中継機の近く(Wi-Fiスポット)まで行かなければインターネット通信はできません。しかし、ゲーム制作会社は全国の小売店にWi-Fiスポットを設置するなど、拠点の拡大に力を入れていますので、子供が望めば親の目の届かないところでインターネット接続することも可能です。

インターネット接続のメリット

ゲーム機でインターネットに接続できるようになったことで、利用者は今までには無かったサービスが受けられるようになりました。
例えば

  • 購入したゲームをアップデートする(ゲームに不具合があっても修正版を簡単に受け取れる)
  • 新しいキャラクタをダウンロードする(ゲームの幅が広がる)
  • 同じゲームの利用者とコミュニケーションをとる(知らない人と会話をしたり、情報交換できる)

パソコン同様、危険がいっぱい

インターネット接続は、ゲーム会社が想定している本来のサービス内容の範囲であれば、非常に便利で楽しい仕組みとなります。

しかし、それぞれの仕組みは、悪意ある大人によって想定外の使われ方をする可能性があります。

また、ゲーム機によってはパソコンと同じようにインターネットブラウザが入っているものもあります。ブラウザがあれば、ゲーム会社の提供する機能だけでなく、一般のウェブサイトも自由に閲覧できてしまいます。

子供が興味本位で悪質なサイトにアクセスしてしまい、トラブルに巻き込まれる要因の一つです。携帯電話やスマートフォンを持たせる時と同じように、ゲーム機を持たせる時にも大人がしっかりチェックし、対策を講じる必要があります。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。