インターネット回線の種類

インターネットに接続する回線は様々な種類がありますが、大きく「有線」と「無線」の2種類に分けることができます。インターネットに契約する前に確認しておきましょう。

有線の回線

アナログ電話回線

一般のインターネット接続回線では最も古いのが、アナログ電話回線によるダイヤルアップ接続です。インターネット接続中は電話回線を占有し、接続した時間の分だけ電話代がかかります。回線速度は、およそ56Kbpsで、現代のインターネットコンテンツは到底受信しきれないスピードです。

ISDN回線

デジタル電話回線を利用して通信を行ないます。導入するにはデジタル電話回線を導入する工事が必要です。これにより、1本の電話線で2回線分の通信ができるようになりますので、インターネットと通話を同時に行なうことができます。

ISDNでのインターネット接続は、アナログ電話回線と同様にダイヤルアップで行なうため、接続した時間の分だけ電話代がかかります。回線速度はおよそ64Kbpsですが、2通話分を同時に使うことで2倍の128Kbpsで通信することも可能です。

ADSL

アナログ電話回線を利用して、高速データ通信を行なう技術のことを指します。

既存の電話回線をそのまま利用できるので、引き込み工事などは不要で、インターネットプロバイダとの契約や回線事業者にADSLへの変更を申し出ることで、高速なインターネット接続が実現できます。

通信速度は12Mbps、50Mbps、100Mbpsなどから選択できるように、プロバイダが各種コースを提供しています。

光回線

光ファイバーケーブルを使ってインターネット接続する回線です。初めて導入する場合には、光ファイバーの引き込み工事が必要になります。

ケーブルは、3ミリ程度の非常に細いもので、絶縁体の中に複数本の光ファイバーが入っています。ここに光を通すことでデータ通信を行ないます。従来の電気通信と比較して、光での通信は非常に高速かつ安定しています。

CATV

ケーブルテレビに加入していると、その回線を利用してインターネット接続することができます。

テレビ番組を配信するための回線なので、下りの回線速度は非常に速く、インターネット接続にも十分対応できることから、ケーブルテレビ各社が接続サービスを提供するようになりました。

無線の回線

WiMAX

有線の電話線やLANケーブルの代わりに、WiMAX通信機器を使って高速な無線通信を行い、インターネットに接続することができます。

最新のパソコンやスマートフォンは、WiMAXの通信機能を内蔵した機種もあり、その場合にはWiMAXプロバイダとの契約のみで、無線でのインターネット接続が可能になります。

3G

一般的なスマートフォン(または携帯電話)の通信回線です。音声通話用の回線であり、機種や契約によってインターネット接続にも利用することができます。

通話可能なエリアであればインターネット接続もできるので、広い範囲で利用できるというメリットがあります。

4G

3Gの次に位置する、次世代超高速データ通信回線です。NTT DOCOMOのXiやSoftBankのLTEなどが、これにあたります。今後のモバイル通信の主軸となるであろうと期待されている回線です。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。