スマートフォンとWi-Fi

全てのスマートフォンはWi-Fi機能を搭載していますので、街中のWi-Fiスポットにアクセスして無料でインターネット接続することができます。

このような使い方から、「Wi-Fiはインターネット回線だ」と思われる方もいらっしゃいますが、本当はちょっと違うのです。

Wi-Fiは、中継機との無線通信

スマートフォンは、Wi-Fiという通信方式を利用して、狭い範囲で無線通信することができます。通信する相手はWi-Fi中継機という装置です。

街中のWi-Fiスポットには、必ずWi-Fi中継機が設置されており、光ファイバーケーブルなどを経由してインターネットにつながっています。

このWi-Fi中継機は、スマートフォンやノートパソコンがWi-Fiでアクセスしてくるのを待ってします。そして、アクセスがあれば、そのスマートフォン(またはパソコン)とインターネットのやりとりを中継してくれます。

Wi-Fiはあくまでも中継機と端末の間を無線でつなぐ(無線LAN)だけで、インターネット回線は光やADSLなわけです。Wi-Fiスポットの提供元によっては、Wi-Fi接続する際に会員登録が必要ですが、料金はかかりません。

スマートフォンでWi-Fiを使い込む

スマートフォンでインターネット接続する場合、もう一つの方法として3G回線接続がありますが、こちらは一定のパケット通信料が必要となりますので、Wi-Fiよりもコスト高といえます。

料金の問題もさることながら、3G回線にはデータ通信量の制限があるため、動画配信などに利用するとすぐに上限を超えてしまうというデメリットがあります。

これは、データ通信量を無制限としている携帯電話会社を選択することで回避できますが、すでに制限付きのスマートフォンを利用中の場合は、簡単に乗り換えられるとは限りません。そのような場合には、Wi-Fiをできるだけ活用することで、3Gのデータ通信量を抑えるという方法が現実的です。

スマートフォンの設定で、Wi-Fi接続を常時オンにしておくことで、Wi-Fiエリア内ではWi-Fiを優先的に利用することができます。自宅にも無線LANルーターを導入することで、さらにWi-Fiの利用が広がります。

データ通信を、完全にWi-Fiだけで行ないたいという場合は、3Gデータ通信の設定をOFFにする必要があります。但し、キャリアメール(携帯メール)を利用している方は、送受信できなくなりますので注意が必要です。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。