スマートフォンで職場のパソコンにアクセスする

自宅や出張先で、職場の自分のパソコンにアクセスしたい時があります。資料を確認したい、見積書の金額を確認したい、製品のスペックや取引先の電話番号など、職場のパソコン内にはデータが満載です。

そんな時、スマートフォンと職場のパソコンがつながっていたら、とても便利です。

現在は、このような便利なことができる仕組みが何種類か存在します。

先に注意を述べておきたいのは、この方法は「個人的にちょっと便利にしたいから」という軽い気持ちではなく、会社として強固なセキュリティ管理の元で運用する仕組みの話です。

スマートフォンが社内ネットワークにつながるのですから、スマートフォンを盗まれるイコール社内の情報も盗まれたに等しいことになります。

セキュリティ管理が必要

社外からスマートフォンを使って社内ネットワークに入り込むための、インターネット回線上でのセキュリティ管理や、スマートフォンを紛失した場合のIDロックなどを専門に行なう事業者があります。

自社とその事業者との間で契約を取り交わし、スマートフォンなどのモバイル端末接続に関する運用管理を全面的に委託することができます。

もちろん、委託せずに自社内で仕組みを構築し、管理することもできますが、相応の設備投資やランニングコストがかかりますし、何よりもネットワークに詳しい管理者が複数人必要となります。

パソコンには接続用のソフトをインストールする

スマートフォンからのアクセスに対応できるように、ソフトをインストールします。

忘れがちなことですが、パソコンの電源が入っていなければ、いくらスマートフォンからアクセスしようとしても応答はありません。

外出先から利用しそうな時には、あらかじめ電源を入れておくか、同僚に電源を入れてもらう必要があります。シャットダウンはスマートフォン側から実行することができます。

スマートフォンには接続用のアプリをインストールする

このアプリを起動すると、インターネット回線を経由して、職場のパソコンに接続することができます。

インターネット回線を経由するときに、管理会社のシステムによって認証を受け、不正アクセスではないことが証明され、接続が許可されます。

接続するとアプリの画面には、職場のパソコンのデスクトップ画面が表れ、いつものように操作することができます。

最近は、外回りの営業活動の効率化を図るために、こういった仕組みの導入を検討する企業が増加しています。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。