インターネットプロバイダーとは

インターネットサービスプロバイダ(ISP)のことを、省略してインターネットプロバイダまたはプロバイダと呼ぶ場合があります。インターネット契約時には必要な知識となりますので知っておきましょう。

インターネット上の住所を管理する

自宅でインターネット接続できるように手続きをしよう…とする場合、考えなければいけないのはインターネット回線の契約と、インターネットサービスプロバイダ(以下、プロバイダ)の契約です。

インターネット回線が、自宅とインターネットをつなぐ道路だとすれば、プロバイダとの契約は、地方自治体への申請のようなものだといえます。

プロバイダに加入すると、自宅のインターネット回線に対して「インターネット上の住所」をプロバイダが決定し、管理してくれます。(住所を管理するので、地方自治体を例にしました)

現実の住宅の場合、その土地を管轄する地方自治体は決まっていますが、プロバイダは自由に選べます。インターネット回線の事業者が、プロバイダも兼ねている場合もありますし、プロバイダがインターネット回線もまとめて取り扱っていることもあります。サービス内容や料金を見比べて、最適なプロバイダを選択してください。

プロバイダは宅配便?

プロバイダと契約し、インターネットの利用を開始すると、プロバイダは宅配便のような役目を果たしてくれます。

インターネット上を流れるデータの中から、自宅のパソコン宛のデータを仕分けして、回線を通じて届けてくれます。逆に、自宅のパソコンから発信されたデータを受取り、宛先を管轄しているプロバイダ宛に送り出してくれます。

このようにプロバイダに仕分けをしてもらわないと、自宅のパソコンには何のデータも届かなくなってしまいます。データが届かないというのは「メールが届かない」という意味だけではなく、「ホームページもブログも、なにも表示されない」という意味です。

ホームページを表示するということは、そのページに書いてある文章・文字の色・貼ってある写真・動画・CMなど全てのデータをパソコンに届けてもらう、ということです。パソコンは、届いたデータをモニタに表示する役割を果たしています。

インターネット回線と契約しても、その住所を管理するプロバイダが契約されていなければ、インターネット接続はできないのです。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。