インターネット回線の乗り換えはお得なのか?

インターネットプロバイダや回線事業者のコマーシャルで「乗り換えるとお得」なキャンペーンを目にすると、そんなにお得なら乗り換えた方が良いのではないか…という気持ちになります。

とにかく乗り換える!?

現在のインターネット回線やプロバイダに満足していなかったり、引越しの予定があるのでしたら、回線を乗り換えるきっかけとしては十分「アリ」です。

どうせ乗り換えるのであれば、キャンペーンを有効活用した方がお得だといえます。

「引越しはしないし、不満も無いけど、得したいから」という理由も、たまにはアリでしょう。

暇つぶしや、気分を変えるイベントにもなります。回線工事や手続き、パソコンの設定変更、機器の返却などが苦にならない方、かかった手間を損だと感じない方は、検討してみても良いかもしれません。

しかし、世の中はそれほど甘くできていませんので、頻繁に乗り換えて、得し放題ということにはなりません。

お得なサービスには「再契約はキャンペーンの対象外です」という注意書きがついていることがあります。そうでなければ、乗り換え長者が大勢現れて、事業者側は大赤字です。

サービス対象になれたとしても、回線を変更するために工事費がかさんだり、使えない期間があって不便だったりします。回線の乗り換えは常識的な範囲で検討することをおすすめします。

回線の乗り換え・プロバイダの乗り換え

インターネット回線の乗り換えと、インターネットプロバイダの乗り換えは、混同しやすいので注意してください。

インターネット回線の乗り換えは、「NTTフレッツ光→KDDIauひかり」「NTTフレッツADSL→NTTフレッツ光」といったものです。回線事業者を変える、または回線の種類を変えることになります。

インターネットプロバイダの乗り換えは「Nifty→Biglobe (回線はどちらもNTTフレッツ光)」なので回線の切り替え工事は不要です。プロバイダが変わると、以前のプロバイダのメールアドレスは使えなくなります。

キャンペーンによっては、回線とプロバイダの両方が変わる場合もあります。「乗り換えキャンペーン」を検討する場合には、回線の乗り換えなのか、プロバイダの乗換えなのかをチェックしてみてください。

2年契約を満了してから乗り換えるとお得

ほとんどのインターネット回線では現在2年契約が主流となっています。

2年契約を結ぶと光回線やWIMAXなどでは契約特典として高額キャッシュバックやタブレットなどの何らかの特典が付いてきます。

他にも初月無料や2ヶ月目まで月額料金割引など新規契約することで大きな特典を貰えるのが魅力ですね。

そこでインターネット回線の乗り換えは2年契約を満了してから、別の回線やプロバイダーに新規契約するとお得に乗り換えることができます。

例えばフレッツ光の2年契約が終わり、きっちりと解約違約金が払わなくていいタイミングで解約して、NURO光に新規契約するということです。

WIMAXの場合はGMOとくとくBBの2年契約が終わり、解約してBIGLOBEWIMAXに新規契約して特典を貰っちゃうということです。

そのまま再契約すると特典が貰えないことがほとんどなので別の回線やプロバイダーに新規契約する方がお得なので、もうすぐ契約満了という人は参考にしてみてください。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。