WIMAXを無料でお試し「TRYWIMAX」とは

WIMAXを使ってみたいけど2年契約または3年契約と長期契約になるため、使用感や電波がきっちりと入るか確認しておきたいところですよね。

そういった人のためにWIMAXをお試しで15日間無料で貸し出してくれるサービスそれが「TRYWIMAX」です。

WIMAX契約前に1度TRYWIMAXを利用することで途中解約を大幅に防げると思います。契約期間内の解約は高額な解約違約金が発生するため試しておいた方がいいでしょう。

このTRYWIMAXはWIMAX本家UQコミュニケーションズのみが行っているサービスなのでUQコミュニケーションズ公式サイトから申し込みしてください。

TRYWIMAXは登録料、配送料、通信費、レンタル料などの費用は一切かからないため安心してください。

TRYWIMAXの申し込み条件について

TRYWIMAXの申し込み条件は以下になります。

  • 日本国内在住の20歳以上
  • 申し込み者本人名義のクレジットカードで登録してくれる人
  • 過去90日間TRYWIMAXの利用履歴が無い人

上記で特に注意してほしいのがクレジットカードが無いとTRYWIMAXが利用できないという点です。

端末の破損や返却期限を超過した人に対して違約金(端末代金)があるためそれらを回収するためにクレジットカードでの契約が必須ということです。

申し込み条件に20歳以上と書かれているため未成年の方はTRYWIMAXを利用することができません。

未成年の方でTRYWIMAXを利用したいという人は親名義で親のクレジットカードで利用しましょう。

最後に過去90以内にTRYWIMAXの利用履歴がある人は利用できませんが、名義が違えば利用することができます。

また過去の利用から90日以上経過していれば同じ名義で再度利用することができます。

貸出期間と返却期限について

TRYWIMAXのお試し期間は15日間とされていますが実質10日間ぐらいだと思っておいた方がいいでしょう。

と言うのもUQコミュニケーションズから端末を発送した時点でカウントがスタートし、返却のため発送期間も含めて15日間であるためです。

端末が発送されて自宅到着まで地域や交通状況によって大きく異なるものの2日は見ておいた方がいいでしょう。

返却でUQコミュニケーションズに発送して到着するまで2日、余裕をもって3日とした場合に10日程度になるということです。

ちなみに端末が自宅に発送された時点でUQコミュニケーションズからメールにて返却期限を教えてくれます。

違約金について

TRYWIMAXの違約金は端末を返却しない場合や、端末を壊してしまった場合などに発生します。

違約金は契約時に登録したクレジットカードから仮で端末分引き落とされるようになっています。

返却期限が少し過ぎたぐらいでは違約金が発生することは少ないため、1日2日返却が遅れてもしっかりと連絡をすれば問題ありません。

違約金は端末の代金ですので12800円~19800円、クレードルも借りていた場合には23000円程度になります。

できるだけ返却期限に遅れずに返却するようにしましょう。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。