高速モバイル通信の種類

モバイルデータ通信の種類

モバイル端末が無線でインターネット接続するためには「モバイルデータ通信」が必要です。時代の変化と共に、モバイルデータ通信も進化し、より高速で安定した通信サービスが提供されるようなってきました。

このような移り変わりが非常に激しいため、モバイルデータ通信は新旧様々に入り乱れており、理解しにくいといった弊害も生まれています。ここでは、代表的なモバイルデータ通信の種類をご紹介します。

テザリング

これは、厳密にはモバイルデータ通信ではありません。

ノートパソコンやゲーム機器が、スマートフォン(または携帯)のモバイルデータ通信機能を使ってインターネット接続することを指します。スマートフォンは、次項からのモバイルデータ通信のいずれかに該当するはずです。

3G回線(3Gデータ通信)

現在出回っている一般的なスマートフォン(または携帯)の通信回線です。通話も行なう回線なので、3G回線が無いということはありません。

但し、古すぎる携帯電話の場合、2Gや1Gといった前世代の回線の可能性があります。また、新しいスマートフォンの場合は3.5Gや4Gなどの新しい回線がありますので、取扱説明書などで確認してみると良いでしょう。

GはGeneration(世代)の意味です。3Gは「3世代目」を意味します。携帯電話での通信が始まってから、回線規格の大幅な改変が3回行なわれ、それぞれの世代を1G,2G,3Gと呼んでいます。

3.5G回線

上記3G回線よりも高速になったデータ通信回線です。大幅な改変ではないので、3.5となっています。ソフトバンク モバイルのULTRA SPEEDが、このタイプです。

4G(3.9G)回線

4G回線は、次世代超高速データ通信回線です。

現在のところ、4G回線と互換性のある3.9G回線が「4G」として提供されています。携帯電話会社の各社はこの4G回線に力を入れており、下記のような名称で押し出しています。

NTTドコモ 「Xi(クロッシー)」
AU 「4G LTE」
SoftBank「4G LTE」
イー・モバイル「LTE」
UQコミュニケーションズ「UQ WiMAX」

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。