無線でインターネットに接続する・WIMAXとwi-fiについて

無線のインターネット回線~WiMAXとWi-Fi~

インターネットを利用するには、必ずしも目に見えるコード(LANケーブルなど)によって物理的につなぐ必要はありません。

携帯やスマートフォンでのインターネットが代表的な例です。コードの代わりに無線通信によってインターネットに接続しています。

無線通信の話題では、Wi-FiとWiMAXという言葉が頻繁に登場します。どちらも無線を使ってインターネット接続できますので、とても似ている印象を受けますが、どのような違いがあるのでしょうか。

WiMAXは広域をカバーする固定無線通信の規格です。1つのアンテナによって、およそ半径50km程度のエリアをカバーすることができます。

エリア内であれば、WiMAX専用の無線通信装置を設置することで、アンテナとの無線通信が可能になり、インターネットに接続することもできます。WiMAX専用の無線通信装置は「無線」なので、物理的な回線敷設工事は不要です。

また、このようなWiMAXによる通信を、移動しながら利用できるようにしたものが MobileWiMAX(モバイルWiMAX)です。小型のWiMAX通信装置を持ち歩くことで、エリア内ならばどこでもインターネット接続できるというサービスです。

一方Wi-Fiは無線LAN(ローカルエリアネットワーク)の方式をさす言葉です

LANですので、通信できる範囲は非常に狭くなります。大抵の場合、店舗や会社や自宅のフロアごとに、Wi-Fi中継機が設置されます。スマートフォンやパソコンは、このWi-Fi中継機と無線でやりとりします。

Wi-Fi中継機からインターネットへつながるためには、別途インターネット接続回線を準備する必要があります。例えば光回線やADSLといったインターネット回線を引き込み、これとWi-Fi中継機をつなぎます。

最近では、Wi-Fi中継機に対応できるようなWiMAXの通信装置が登場していますので、インターネット接続回線は光回線やADSLではなく、WiMAXにすることも可能になっています。ただし、WiMAXのカバーエリア内であることが前提となります。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。