WIMAXのメリットとデメリット

WiMAXでインターネット接続を行なう場合、他の方法と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。

ここでは、最近の主流となっている「モバイルWiMAX」を導入する場合を想定して、ご案内します。

メリット1:回線工事が不要

現在、家庭のインターネット回線で主流となっている光やADSLといった有線回線は、新規利用の際には回線敷設工事が必要です。

また、転居の際には転居先が工事済みでなければ、さらに費用を負担して回線を敷設しなければなりません。

WiMAXは、モバイル機器に内臓されている通信装置(無ければ別途準備可能)によって、基地局アンテナと無線で通信を行います。無線なのでケーブル敷設は不要です。

メリット2:モバイルWiMAXなら、出先でも手軽で快適に接続できる

無線LANの「Wi-Fi」では、モバイル機器とWi-Fi中継装置が無線で通信します。Wi-Fi中継装置の対応エリアは狭いので、街中ではWi-Fiの使える店やフリースポットを探す必要がありました。

一方モバイルWiMAXの場合、WiMAX専用の小型通信装置(モバイル機器に内臓されている場合もある)を使いますので、店やフリースポットを探す必要はありません。

WiMAXのカバーエリア内であれば、基本的にどこでも利用可能です。しかも高速通信なので動画再生なども大変スムーズです。

デメリット1:対応エリアがまだ普及していない

モバイルWiMAXは、まだまだ新しい方式のため、対応エリアが限定されています。

自宅がエリア内であれば、自宅でモバイルWiMAXを利用することはできますが、外出先がエリア外の場合には、外出先で利用することはできません。

また、転居などがある場合、転居先がエリア内かどうかが問題となります。

デメリット2:無線の受信状態に左右される

建物の構造や材質によっては、無線通信が難しい場合があります。

WiMAXの対応エリア内なのに接続できない…といったケースもありますので、100%接続できるものではないことを了解しておく必要があります。

デメリット3:速度制限がある

WIMAXのプランには月間無制限のUQフラットツープラスギガ放題と、月間7GBの制限があるUQフラットツープラスがあります。

ギガ放題は月間無制限なので月で見ると速度制限はありませんが、どちらのプランも直近3日間で3GB以上のデータ通信量を使用すると速度制限にかかってしまいます。

そのためヘビーユーザーや、オンラインゲームをする人、WIMAX一本化を考えている人には不向きです。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。