高速モバイル通信利用に必要なもの

モバイルデータ通信に必要なもの

ノートパソコンで、モバイルデータ通信によってインターネット接続する場合、どのような準備が必要でしょう。

テザリングでつなぐ場合と、高速モバイルデータ通信(WiMAXなど)を使ってつなぐ場合に分けて、整理してみましょう。

テザリングでつなぐ

スマートフォン(または携帯電話)の無線回線を利用して、インターネット接続する方法です。

ノートパソコンはスマートフォン(または携帯電話 以下省略)と接続する必要があります。

必要な物

テザリング可能なスマートフォン

テザリングに対応している機種であることと、通信会社との契約(料金体系等)がテザリングに対応している必要があります。

テザリングの利用によって定額料金の上限が変わる場合や、テザリングの通信量に上限があるといったケースがあります。ご利用前に契約内容をよく確認してください。

パソコンとスマートフォンを接続する手段

主な接続方法としては、次の3つが挙げられます。

・USB接続する
USBケーブルを使って有線接続します。ケーブルも持ち歩く必要があります。

・Wi-Fi接続
Wi-Fiという無線LAN規格を使って接続します。ノートパソコンとスマートフォンの双方がWi-Fi接続に対応している必要があります。また、スマートフォンのバッテリ消費が早いというデメリットがあります。

・Bluetooth接続
Bluetoothという無線規格を使って接続します。Wi-Fi接続よりもスマートフォンのバッテリ消費は少なく、通信速度は遅い規格です。

高速モバイルデータ通信回線でつなぐ

高速モバイルデータ通信回線は、WiMAXを筆頭にXi、LTE、ULTRA Wifiなどがあります。

これらの回線でインターネット接続する場合に必要なものは以下の3つとなります。

必要な物

「高速モバイルデータ通信装置」この装置は次の3タイプに分かれます。

1)ノートパソコンに内蔵されているタイプ(例:WiMAX)
最近のノートパソコンは「WiMAX対応」と謳っている機種があります。この機種はWiMAX通信装置を内蔵していますので、装置の準備は不要です。但し、別の回線(XiやLTEなど)には使えません。

2)データ通信カードタイプ
回線事業者(またはプロバイダ)が提供しているデータ通信カードを入手します。データ通信カードはノートパソコンに直接差し込んで、通信を行ないます。

3)モバイルルータタイプ
モバイルルータは、掌サイズの持ち歩き可能な装置です。この装置がインターネットとのデータのやりとりを行います。ノートパソコンは、このモバイルルータとWi-Fi(無線LAN)通信することで、インターネットを利用します。

前項のデータ通信カードはパソコン内で直接通信しますが、こちらはWi-Fiを使う分だけ通信速度は遅くなります。

高速モバイルデータ通信のプロバイダ契約

高速モバイルデータ通信サービスは、プロバイダ各社から提供されています。対応エリアや各種サービスを比較して、いずれかのプロバイダと契約を結ぶ必要があります。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。