法人のインターネット契約について

事務所や店舗など法人としてインターネットに契約する際には個人とどのような点が違ってくるのでしょうか。

また法人としてどのようなインターネット環境が必要なのでしょうか。

ここでは法人のインターネット契約について詳しく解説していこうと思います。

法人契約と個人契約の違いについて

インターネット回線の法人契約と個人契約の大きな違いは「通信料制限」「固定IPの取得」です。

まず通信量制限についてですが、光回線などの固定回線は基本的には無制限になります。

しかし法人の場合は多数の人間がインターネットを利用するため、プロバイダーが定めている通信量を超えるほど使用した場合に速度制限に引っかかってしまいます。

速度制限にかかることはほぼほぼないのですが、速度制限にかかってしまった場合には業務の作業効率が低下してしまうため個人契約よりも太い法人契約しておくのがおすすめになるわけです。

速度制限に関しては気にする必要はあまりないと思いますが、万が一といった感じです。

次に固定IPについてですが、法人契約プランでは固定IPを取得できるのが大きなメリットです。

固定IPとはインターネット接続の際に割り振られるアドレスを固定するというものです。言わばインターネット上の住所を固定するようなイメージです。

業務の際に固定IPが必要な場面があり、外部から社内のネットワークにアクセスする時などにIPが毎回変わってはどこにアクセスすればいいのか分かりません。

IPを固定することによって社内のネットワークセキュリティを強化することができます。

固定IPに関しては法人契約じゃなくても個人契約でも取得することができます。

個人契約よりもキャンペーンがお得

法人契約は個人契約よりもキャンペーンがお得になりがちです。

契約する業者にもよりますが、フレッツ光などは個人契約よりも法人契約の方がキャッシュバックが多く貰えます。

大体ではありますが個人契約の倍近いキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックを受け取らない場合はテレビやPS4、ノートPCなどを貰うことができます。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。