光回線とは

光回線は、インターネット回線の種類の1つとして挙げられます。光回線を利用して、パソコンやゲーム機器をインターネットに接続することができます。

さらにIP電話という方式によって、光回線を電話線の代わりに利用し、音声通話を行なうこともできます。

光回線の特徴

光回線は、光ファイバーケーブルを使った通信回線であり、光によって情報を伝達します。光回線が登場するまで、インターネット回線として使われていた各種の有線回線は、電気を流すことで情報を伝えていました。

電気によるアナログ通信は伝達の途中で減衰するという弱点があり、伝送距離が遠くなるほど回線速度が遅くなってしまいます。これに対して光は、減衰が少なくノイズにも強いので、距離などにさほど影響を受けず、高速で通信することができます。

従来、光回線の回線速度は100Mbpsというのが基本で、これも大変速いのですが、最近では更に上のハイスピードタイプとして300Mbps、1Gbps(=1,000Mbps)というサービスも登場しています。

このように高速通信が可能な光回線の普及により、一般家庭でもインターネットの動画配信などをストレスなく利用できる環境となり、それに伴い新しいサービスが次々と実現されています。

住宅と光回線

初めて自宅で光回線を使用する場合、光ファイバーのケーブルを自宅の建物内へ引き込むための工事が必要になります。

近年、新しく建てられる集合住宅では、あらかじめ光ファイバーケーブルを引き込んでおき、居住者がすぐに利用できるように整備してある物件も増えてきました。

光回線は、1回線を複数世帯で共同利用することができます。これを利用して利用料を安く抑えているのが「マンションタイプ」などの契約方法です。但し、費用は抑えられますが、利用者が集中する時間帯には通信速度が低下する可能性があります。

また、ご自分が常に大容量のデータ通信を行なうのであれば、他の世帯に迷惑をかけないよう、独立した回線を考える必要もあるでしょう。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。