光回線を利用するにあたって必要なもの

自宅で光回線を利用しようとした場合、どういったものが必要になるでしょう。

光回線の対応エリアであること

光回線を使いたい場所(自宅やオフィスなど)が、光回線の対応エリアであればすぐに引き込み工事の申請ができます。

対応エリアというのは、すぐ近くまで光回線の主線が来ていることを表します。主線から自宅(またはオフィス)までの短い区間を工事するだけで開通します。

対応エリアではない場合には、近くに主線が届いていません。まずは主線が来るのを待って、それから自宅への引き込み工事の申請をすることになります。エリアを広げるための主線の工事は、回線事業者が管理してします。

自宅(またはオフィス)が対応エリアかどうかの確認は、回線事業者のホームページでできるようになっています。住所・郵便番号・電話番号のいずれかを入力するだけで、簡単に確認できます。回線事業者の中で、自宅が対応エリアに入っている回線事業者は1~2社に絞られるはずです。

光回線の工事

光回線の対応エリアであることを確認できたら、次は光回線の準備が必要です。

賃貸や中古物件の場合、以前の入居者が引き込み工事を行なっている場合がありますし、最近の集合住宅は引き込み済みの場合があります。その場合は敷設工事は不要です。

引き込まれていない場合は、光ファイバーケーブルを宅内へ引き込む必要があります。工事の申し込みは次項のインターネットプロバイダと合わせて検討してください。

インターネットプロバイダ

インターネットプロバイダと契約しなければ、光回線が引き込まれていてもインターネットには接続できません。また、インターネットプロバイダによっては、光回線の引き込み工事の窓口も兼ねている場合があります。

上記で調べた光回線の事業者と、引き込み工事の要不要を頭に入れて、インターネットプロバイダを選びます。インターネットプロバイダは、光回線の事業者の回線を使っていますので、よく見ると回線事業社名がわかります。

工事の手配もしてくれるか/初期費用や毎月の料金/サポートサービス などを比較して、最適なインターネットプロバイダを選択してください。

回線終端装置

光回線が差し込まれる小さな装置です。インターネットプロバイダからのレンタル(リース)で利用するのが一般的です。集合住宅の場合は、共有スペースに設置されます。

こだわりがある方は別途購入するという方法もありますが、事前にインターネットプロバイダに確認した方が良いでしょう。

ルータまたはハブ

複数のパソコンを光回線に接続したい場合に必要な装置です。

インターネットプロバイダからのレンタルも可能ですが、一般の家電量販店で購入することもできます。購入する場合、ご自分で(または身近な人が)設置・設定できる必要があります。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。