ADSLの種類

ADSLの種類は、契約先と回線速度によって分類することができます。

ADSLの契約先

ADSLを初めて利用しようという場合、次のいずれかの方法でADSL利用契約を結びます。

1.ADSL回線の契約とインターネットプロバイダの契約を別々に行なう

ADSLはアナログ電話回線を利用してインターネット接続を行なう方式です。すでに電話回線がある場合、その電話回線業者に対してADSL回線として利用したい旨を申し出て、契約を結ぶことができます。

更に、別のインターネットプロバイダ事業者(以下プロバイダ事業者)とADSL接続契約を結ぶことができます。この場合、プロバイダ事業者がその回線業者のADSLに対応可能であることと、プロバイダ契約のみのサービスを行なっている必要があります。

2.インターネットプロバイダの契約の中に、回線契約も含まれている契約を結ぶ

独自の回線設備を持たないプロバイダ事業者は、回線業者から回線を卸し受けて、自社のインターネット接続サービスを展開しています。これにより、回線事業者への申込や料金の支払い窓口はインターネットプロバイダに1本化され、事務手続きが効率化できるとともに、利用者側にもわかりやすいものとなっています。

前項のように2社別々に契約するよりも、料金的にも1本化した方がお得なケースが多くあります。回線業者とプロバイダ業者への特別なこだわりが無ければ、1本化するメリットを選択した方が良いでしょう。

また近年は、複数の回線事業者と提携し、ADSL接続サービスを提供しているプロバイダ事業者も存在します。こういった場合は、プロバイダ選択後にご自宅の状況に合わせて回線事業者も選択できますので、より最適な契約が可能です。

ADSLの回線速度

回線事業者が提供する回線サービスは、通信速度によっていくつかのコースに分けられています。通信速度が上昇するほど、月額利用料も高くなりますので、どのような使い方をするのかを考慮し、それにあわせたコースを契約すると良いでしょう。

事業者によりますが、下は1Mbpsという低速回線や、25Mbps、30Mbpsといった中速の回線、50Mbpsの高速回線などがあります。高速回線で契約したとしても、回線を電話と共用するのであれば、月額は4000円弱が目安となります。

光回線契約サイト比較
おすすめのフレッツ光代理店を比較しています。

WIMAXプロバイダー契約サイト比較
おすすめのWIMAXプロバイダー契約サイトを比較しています。